出口

先週群馬県主催のイベントに参加しました。

世界遺産暫定リスト入りした官営富岡製糸場と国指定重要文化財の通称めがね橋からアプトの道~トロッコ列車~鉄道文化村まで、西毛(群馬県西部)地区の地域資源をまわってきました。

富岡製糸場
画像


めがね橋
画像


トロッコ列車
画像


鉄道文化村
画像


ほぼ一日がかりの旅(?)でした。

めがね橋~鉄道文化村にかけてのコースは、特に鉄道マニアにとっては大変人気があるようです。

下の写真はアプトの道の途中にあるレンガ作りトンネルの出口付近の様子です。
画像



鉄道文化村は長野新幹線の開業により廃線となった群馬・長野間の碓氷峠の横川駅に隣接した敷地に、道路特定財源も使って作られたとのこと。

横川駅といえば「峠の釜飯」が有名ですが、文化村にも「おぎのや」の店舗がありました。

実は、地元では峠の釜飯と同様に高崎駅のダルマ弁当も相当の人気があるのですが、両方共に新幹線の開業により営業面でかなりの打撃を受けたとのこと。

その後、釜飯は高速道路のSA等に進出し、新製品のスイーツのヒットもあり、現在では以前にも増して繁盛しているとの事。

ダルマ弁当も頑張って欲しいところです。

まあ、それ以上に日本経済の出口を早く見たいのですが。
(いつになることや・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック